カンボジアで転職・現地採用求人ならCamUP Job プノンペンで最大級の人材紹介会社

企業のご担当者様へ 求職者のみなさまへ
work in Cambodia
recruitment service in Cambodia

カンボジアの最新求人情報

すべてのジョブ
友人について

ここ最近、友人の朗報が続けざまに届いております。 カンボジアに出る時に「こいつの結婚式は何があっても参加する」と決めていた親友が3人いたのですが、 その内の2人が丁度、今年の6月に1週間違いで結婚式を挙げることになったとの連絡を受けました。 遠方から駆けつける身としては少々都合が良いのか悪いのか悩ましい日程ですが、 二つ返事で参加の回答をしました。 6月はお祝儀、移動費、滞在費で微笑ましい出費が嵩みそうです。笑 さてこの2名、一人は大学の部活の同期で、もう一人は社会人の同期です。 ちなみに冒頭申し上げた3名いると言ったもう一名も、大学の学部同期でした。 その後東京での社会人生活をして、カンボジアに来て、そう思える友人が追加でもう数名、増えております。 然して一方で、中学時代の友人とは久しく連絡を取っておらず、高校の友人とは未だに連絡を取っていて 帰国時に飲みにも行くものの、結婚式に何を差し置いても出る、ということはなかったなと感じました。 (地元の友人がそれぞれ早くに結婚しているということもありますが。) 「結婚式に出たい」と思う友人に共通して感じたのが、それぞれ部活、就職、仕事、恋愛など 当時の自分たちにとって大きかった目の前の課題をいくつも共有していたことが挙げられます。 戦友に近い感覚だと思います。 そして共通して、皆必死にそして愚直にズルをせず、自分の選んだ道を進んでいるという点もあります。 そんな彼らが何かを成して祝い事に面した際に心から祝福したいと思えるのは、 不安で、成功できるかも分からない生き方を信じて選んできて、それが報われる瞬間が自分のことのように 嬉しく感じられるからなのだろうな、と思います。 一般論として「高校時代の友人は一生モノ」、 「社会人になってからの出会いは利害関係があって深入りできない」といった言を時々耳にします。 僕はこの言葉には否定的です。 必死にならざるを得ない環境を共有して、初めて本物の仲間意識は生まれると思いますし、 そこに利害関係が生まれるのは当たり前だと思っています。 そしてそういうある種緊張感のある環境というのは、年を経てから、特に社会人になってからの方が 間違いなくたくさん経験することになります。 昔聞いて印象に残っている事例が、石田三成が島左近という武将を雇用した例です。 石田三成は島左近を雇う際、自分の石高5万石から3万石を与えて召し抱えるオファーを出したといいます。 島左近は勇名が世に鳴り響いていていたためいくつものオファーが来ており、全て断っていたものの 石田三成のこの心意気に胸を打たれ、石高を2万石に減らす申し出をした上で、オファーを受けたそうです。 そして島左近は関ヶ原の戦いでも最前線に出て最後まで石田側の武将として戦い、討死したと言われています。 平時の中でなんとなく生きて、食も立場も何もかもが満たされている中で出る言葉は 嘘は少ないかもしれないけれど、本当のものも少ない気がします。 その点、嘘も交じる緊張感ある環境では、発言以上にその人の姿勢や振る舞いに本音が出ます。 上記の友人たちがなんとなく本当のことを言っていないな、と感じる時だってもちろんありますし 僕自身も彼らには95%オープンですが、5%はやはり本音を隠したい時もあります。 そこまで理解して、信頼をして、慮りあえる関係というのは尊いことであると思います。 話が長く、かつ脱線しましたが、 こうして素敵な友人に恵まれ、遠く離れたカンボジアにいるのにも関わらず声をかけてもらえるのは 本当に嬉しいことです。 これからも素敵な友人に恵まれるよう、そういう人たちに釣り合えるように持ち場で頑張りたいと思います。

帰国

早いもので2018年も1ヶ月が過ぎました。 あと11回これを繰り返すだけかと思うと、1年というのも一瞬な気がしますね。 2018年1月で30歳となり、20代が一瞬で終わったなぁと感じたばかりでしたが、 30代もうっかりしているとすぐに終わってしまいそうです。 さて、最近周囲で本帰国する人が相次いでいます。 特に同年代で、自分よりも昔からカンボジアに住んでいた面々の本帰国が続いており、 公私を共にしていた友が去っていくことに、最近は若干、というかかなりの寂しさを感じています。 自分が同じくカンボジアで年数を重ねた時、どんな考えをするのか。 今3年半、これが5年、6年となった時に、自分もそろそろ日本へ、、、と考えるのだろうか。 おかしな話ですが、海外で生活をしていると○○歳までに☓☓(結婚、年収がいくら、など)という スタンダードを意識することが少なく、かつ四季もない常夏の国ということもあり 3年という年月を経ている感覚が自分的には薄く、 上記のようなことをほとんど考えることなくここまで来ていました。 少し考えて、期間や年齢が理由の帰国はないだろう、と思いました。 30代、経験も付き体力もまだまだあるこの年代で、「やりきった」と思えるところまで 現在の事業で勝負をしてみたいという気持ちが強く、 かつそれが自分自身のビジネスマン、経営者としての価値を上げる上でも 最善の方法であるだろうというのがその理由です。 そのやりきり度の指標は売上や利益といった経営数値に表れるため、 2年後に満足値が来るかもしれませんし、はたまた10年先かもしれません。 また、一度海外へ出てキャリアを積んできたからには、拠点を移すにしても 日本ではなく別の国になる方が可能性が高いというのもあると思います。 当たり前の話ですが、海外で英語で仕事ができて、外国人との交渉にも慣れている日本人は 日本よりも海外の方が需要が強いためです。 そう考えていくと「華金はコリドー街、週末は箱根へ」みたいなキラキラ生活は まだまだ自分には縁遠いようです。 帰国した同年代まで届くくらいに名を挙げられるよう、 残る人間として引き続き、身を粉にしてカンボジアで頑張ってみようと思います。 本帰国の皆さん、本当にお疲れ様でした。 次は東京でキラキラと杯を重ねましょう。

スタッフの離職はネガティブか

私はこれまで、静岡県浜松市の片田舎に生まれ、大学から東京へ進学しました。 その合間にアメリカのシアトルへ留学して現地で9ヶ月の長期インターンシップを行い、 卒業後は東京でITベンチャーに就職しました。 そんなことを経て現在、プノンペンに3年半おります(2018年1月現在)。 最初の就職先が創業数年のベンチャー企業であったため、 これまで伝統的な「日系企業」の文化に染まったことがありません。 そのため人が一つの企業を2,3年で辞めて転職するということに対してあまりネガティブではないのですが、 日系企業のお客様とお話すると、この点はやはり気にされる方が非常に多いと感じます。 カンボジアでの1社あたりの平均就業年数はおおよそ1年半~2年程度です。 弊社でも同様で、4年以上働いてくれている長いスタッフも5名程いるのですが、やはり2年は一つの区切りなのかと思います。 理由は様々で、大きく見て以下の3点かと思っています。 ①自分がつけたスキルについて、現職での昇給ペースを上回る額でのオファーが出た/ 有名企業からより大きな職責、好条件での挑戦しがいのあるオファーが来た ②現職にてある程度のスキルがつき、ルーチンワークでは刺激や成長が足りなくなった ③マネジメントとの反りが合わない ④単に給料がいい募集案件が見つかったから ①、②は海外の多くの国々でも似たケースにあり、 特にシリコンバレーのIT企業のような人員不足が著しいエリアでは顕著です。 成長が激しく人材の取り合いという点ではシリコンバレーとカンボジアの人材市場は似た問題点が出ています。 個人的に、現在「How Google Works」という、かの超優良企業Googleの企業文化をまとめた書籍を読んでいて、 いかにGoogleが人員の確保に苦心しているかを知り、同時にいかに日本的考えが独特であるかを感じるようになりました。 日系的な考えでは、長期的に働く人こそが忠誠心も強くて良い人材であり、2,3年で辞める人材は能力があれど 人として欠陥があるように思われる向きがあると感じています。 しかし、現在はIT技術の変化、経済市況の変化など世界の動きが非常に早くなっており、 1社の1ポジションで得られるスキル・経験に長いことこだわっていると 世界の求める速度に置いていかれるリスクが大きくなります。 更に言うと、能力が高い人材は仕事の習得も早く、転職市場で取り合いになるため、上記の傾向は更に強くなります。 優秀な人材を繋ぎ止めるためには、常に刺激を与える仕事内容を提供し続け、その会社にいることが 当人の将来にとってもベストであると思わせ続けられるよう、会社も努力をしていく必要がある時代になっています。 上記はGoogleでも実際に非常に意識されており、優秀な人材は社内にポジションが無くても採用し、 また同様に優秀な人材が社内に自分の希望するポジションが無いため転職を検討するときは、 そのようなポジションを新設までして引き止める方針を取っています。 長くなりましたが、時代の変化とともにスキルのアップデートの必要性が高まり、 人の転職は短期スパンで行われていくことが一般的になってきています。 日本的な考えの本質面をベースには残しつつ、流れに乗っていけますよう、人材の流動にはネガティブにならず 柔軟に対応していければと考えています。育てた良い人材が抜けることは痛いですが、 結果的にマクロで見れば、社会に貢献していることになるのですから。

2017年を振り返って 

皆様、あけましておめでとうございます。 2017年が終わったと思ったら、あっという間に2018年になってしまいましたね。 年々時の進むスピードが早くなっている気がします。 去年の年末年始はカンボジアのケップという、蟹で有名な海沿いの街で過ごしました。 大晦日は海から少し上った山の中のコテージで篭って年末を振り返り、 元日は海の側のリゾートに移って蟹を食べながら新年の誓いを立てていました。           ↑ ケップの港の風景。クラブマーケット(蟹市場)では、生きた蟹をその場で茹でてくれます。                     ↑ 茹でられた蟹。最近少し値上がりしましたが、それでも1キロ10ドルほど。美味しいです。 去年を振り返ってみると、年始はなかなかタフな状況でした。 2016年夏頃に前代表が退任することとなり、代表になって間もない時期で、 急なCEO変更からスタッフの動揺、退職も相次いでいた時期でもあります。 2017年始から新しいスタッフを複数名入れ、目標も決めて、不退転の決意で臨んだ年始でした。 結果として、去年は非常に良い年でした。 年始は厳しかったものの、5月にはいきなり過去最高売上を記録。 良い雰囲気のまま6月には社員旅行に行き、この頃から徐々に会社の空気が統一されてきて、 7,8,9月のクォーターも売上は非常に良く、特に9月はまたも過去最高売上を更新する形となりました。 お客様や求職者の方からもサービスについてお褒めの言葉をいただく機会が増えてきました。 企業様の中には、他にもエージェントはいるのに、弊社だけをご利用してくださる方もいらっしゃいます。 社内の雰囲気も良く、自発的な提案をしてくる社員も増えてきました。 お客様、従業員に感謝してもしきれない気持ちを抱くとともに、まだこのレベルで満足してはならない、 より上を目指していくのだ、という気持ちも湧き上がってきた2017年でした。 去年はドン底からスタートしたため、常に課題は目に見えていて、それを必死に無我夢中で 解決しながら進んでいました。私自身、社員には土日祝日休み、残業なしを貫く反面、 1月から5月までは週末も祝日もなく日本にも帰らず、朝から夜まで働く日々が続いていました。 (週110時間くらい働いていたと思います。) 今は多少落ち着いてきた感じがあり、私が馬車馬のように働かなくてもある程度は 回っていく形ができてきています。 ここで一息ついて束の間の安定を楽しむのか、 それとも上を目指し続けて新たな課題を解決し、より良い組織となるべく爆走し続けるのか。 30歳の何の後ろ盾も無い自分にとって、答えは明白です。 東南アジア・カンボジアの中の日系企業、海外市場で戦う日本人として存在価値を出せるよう 今年も邁進していきたいと思っております。 引き続き、ご支援賜れますと幸いです。 さよなら2017年。本年も宜しくお願いいたします。

カムアップジョブが選ばれる理由:カンボジアでNo.1 の人材紹介会社です。

カンボジア国内において、企業様と人材をつなぐ人材紹介/人材派遣事業を行なっております。人材紹介を担当するスタッフ数は現在23名で、国内ではNo.1の規模となっております。各業界・各職種に知識と経験を保有する弊社スタッフが、候補者の一人一人と面接をすることで、企業と人材のベストマッチングを実施してまいります。

このビジョンをサービス名CamUP Jobという名前に込めています。CamUP JobとはとはCambodia grows up by job matchingの略語で、「カンボジアが企業と人のマッチングにより成長する」という意味です。社会に求められている事業を作り、カンボジアに貢献する。それにより日本とカンボジアの関係を強め、ASEANにおける日本の価値を高めることに貢献したいと考えています。より多くのご期待にお応えできるよう、個人と企業のお役に立てる人材関連事業に積極的に挑戦して参ります。

カムアップジョブが選ばれる3つの理由

業界最多級 
求人数は2,600件以上

カムアップジョブの求人数は、業界最多級の2千6百件以上。総合商社・銀行・工場・病院・IT企業等より、日々新たな求人が寄せられています。 今までの求人ノウハウを駆使して、企業のご担当者様の求人依頼にお応え致します。

また、業界最多級ならではの豊富な求人情報の中から、求職者の方々のご要望に沿ったお仕事をご紹介致します。

現地の情報に詳しい
日本人による転職サポート

カムアップジョブの転職サポートは、弊社の日本人スタッフが、皆さまの転職をお手伝い致します。 お仕事探しをされる方には、求人票からは分からない職場の雰囲気などの情報提供から条件交渉まで、すべて無料でサポート致します。 また、日本人スタッフのご採用をご検討される企業様も、まずはお気軽にご相談ください。

様々な業界への
確かなネットワーク

カムアップジョブはカンボジアで約4年の実績が有り、のべ2万5千人以上の求職者の方々にご利用頂いております。

人材採用のノウハウと豊富な求人で、正社員・パートの転職から、通訳派遣まで、今後も企業様と求職者の皆様のあらゆるご希望をサポートして参ります。